ホーム > システム・技術 > ADVENTURECluster

ADVENTURECluster

ADVENTURECluster は,ADVENTUREプロジェクト(日本学術振興会未来開拓推進事業) の成果である ADVENTUREシステムをベースに,当社が開発した国産の並列 CAE システムです。

ADVENTURECluster はつぎのような基本的コンセプトの下に開発されています。

  • ソルバはPCからクラスタ,スーパーコンピュータなどあらゆる環境で稼動。並列実行により複雑で大規模な解析モデルも速く計算することができます。
  • プリポストプロセッサはわかりやすい操作系。さらにマクロを用いてモデル作成の手間を短縮させることができます。
  • コラボツールにより流体,樹脂流動解析との連携など,解析の新しい可能性をひろげます。

なぜ「大規模に強い」のか?

並列実行によるプログラムは並列数が多くなるにつれて並列効率が問題になります。 特にCAE解析の元になる連立方程式の計算プログラムはある並列数でこれ以上計算の高速化が望めないところに達します。
ADVENTUREClusterは独自の解法(CGCG法,直接法とのハイブリッド解法)を開発し,並列数を多くしても高い並列効率を保ち,メモリ消費量の低減を実現しました。

CGCG 法 (特許第 3824582 号)

当社では,並列処理・有限要素法/差分法用の超高速解析ソルバを開発し,これを CGCG 法と名づけました。

鉛フリーはんだ・MEML ライブラリ

EU (ヨーロッパ連合) による RoHS 規制により,鉛など有害物質の電子・電気機器への使用が禁止されます。ADVENTURECluster の MEML (Model of EcoMaterials Library) ライブラリは,鉛フリーはんだの寿命予測,信頼性評価を行う機能として ADVENTURECluster に実装されています。本機能は,株式会社東芝,名古屋大学・大野研究室,当社が共同で開発しました。

コンクリート構成則

コンクリート材料に用いる前川構成則・圧壊モデルを防災科学技術研究所との共同開発により実装されています。

ページトップへ