ソルバ

ADVENTUREClusterソルバは、CGCG法(特許 第3824582号)により、他社ソルバでは不可能な1億自由度以上の線形、非線形解析を高速に解くことができます。
このCGCG法は、粗いメッシュ(コースグリッド)に対する解を有効に利用することで、大規模メッシュにおける収束性を加速する手法です。
加えて高い並列性能を有しており、マルチコアやクラスタ環境の利用による高速化が可能です。

接触解析では、大規模問題においては収束解が得られなくなるような過度な収束判定条件を課すことはせず、許容可能な範囲での適度な収束判定を行っています。
例えば大規模なエンジンアセンブリ接触解析を他社ソルバより5倍から10倍のスピードで解くことができます。

純国産のソルバであるため、ユーザーの要望の実装を迅速に対応しています。

標準機能

  • 静弾性解析
  • 接触解析
  • 大変形
  • 振動解析(固有値、モーダル周波数応答)
  • 応答スペクトル解析
  • ランダム応答解析
  • 最適化(形状、位相)

オプション

  • 弾塑性解析
  • 熱伝導解析(定常、非定常)
  • 動解析(陰、陽)
  • クリープ解析
  • 疲労き裂進展解析
  • 鉛フリーはんだ解析(RDNLK/速度依存非線形移動硬化モデル)
  • 破壊力学パラメーター(応力拡大係数、J積分)
  • 疲労解析(高サイクル、低サイクル)

動作環境

動作環境については、こちらを参照ください。



独自のソルバ機能

「超大規模、高速アルゴリズム」の独自開発

CGCG法ソルバを採用(Coarse Grid Based Conjugate Gradient)

  • 領域分割と反復法を組み合わせた独自の解法
  • 高い並列性能と、メモリ消費量の低減を実現
ページトップへ